いちご(隊長作)

3月27日(土)  14:00   - 14 -   訪問者数

    J・テイト指揮 読売日響
    東京芸術劇場
  
    ブラームス  交響曲第3番
    ハイドン  交響曲第102番
    エルガー  序奏とアレグロ

  ururururururururururururururururururururururururururururururururururururururur
  
  1週間前のエルガーに感動して、またまたテイト&読響に行ってきました。
  今回は芸劇です。今回の演奏は何ですが、プログラミングに大いなる懐疑を抱いた聴後感でした。
  
  コンサートのプログラムってどうやって組まれるんだろう。
  シリーズものもあれば、チクルスもあるけど、オケの年間プログラムっていう全体的な
  バランスも加わってるんだろな。全公演の半分をベートーヴェンにする訳にもいかないし、
  チャイ5が人気曲だからといって、しょっちゅうする訳にもいかない。
  しょっちゅう演っているオケもあるが、そんなオケは馬鹿にされてる。
  俗に言う、「意欲的なプログラム」と「人気演目」の兼ね合いが、現実な所でしょう。
  
  今回のテイト、Wプログラムはまさにその悪例だと感じた。
  一つがテイトお得意なイギリス・プロ(エルガー・ブリテン・パーセル)。
  
  一つがオケ依頼のプログラム(ブラ3・ハイドン・前プロぐらいは何でもいいよ)。
  これは何の根拠も無い。憶測でモノを書いてはいけない事も分かっちゃいる。
  しかし、こういう組み合わせが当団に限らず実に多いので、1回言ってみたかった。
  そんなの皆気づいているよ、大人は黙ってるものさ。
  でも、いいもん、いいもーん、どうせボウヤだからさ。
  しかし、これは指揮者・観客・楽団みんなが不幸になる仕組だ。
  えぇ?(また大袈裟な)
  
  ●まず、指揮者。
  テイトはプログラム・ノートで「ハイドンの交響曲をメインに持って来たいくらい大好き」と宣まっています。
  エルガーも然り。ブラームスも「3番がいかに美しいか」を語っています。
  
  しかし、実際の演奏には出来不出来がありました。
  本誌第16番で熱く語ったエルガー1番の感動を、今日のブラームス3番では得られませんでした。
  じゃぁ、今日のコンサートそのものが今一だったのかと言うと、そうでも無かった。
  意外なのがハイドンで、この人は本当にハイドンが好きなんだなぁ、とほのぼのと楽しくなる演奏でしたし、
  エルガーの「序奏とアレグロ」は大熱演でした。
  
  ブラームスが手抜きだったのか、と言えば、そうでも無い。
  テンポをたっぷり取って、デュナーミクも大きく、名演になる要素は揃ってました。
  しかし、なんでかなぁ、あと一歩なんだよ。
  ブラームスの実演ともなると、エルガーのそれとは異なり、自分の中の蓄積データが多く、
  ついつい厳しく聴いてしまってるのかもしれない。
  しかし今日の観客は正直で、終演後のブラボーは一切飛ばなかった。拍手も普通だった。
  前回のエルガー1番ではブラボー飛びまくりだったのに。
  拍手が全てじゃ無いけどさ。
しくしく(隊長作)
よって、本日のテイトは不幸であった。
  
  ●次に観客。
  多くの観客は私と違って、エルガーもいいけどブラームスの方がもっと好きだろう。
  現に今日の集客は上々でした。
  年配のご夫婦連れが多く、今日のブラ3を楽しみにしている人で一杯だった。
  しかし、今日のブラ3はこんな結果。
  お目当ての曲は聴けたけど、演奏もまぁまぁだったけど...。
  まぁまぁの演奏を聴くために、我々は金を出して、はるばる池袋まで来ていない。
  いやいや、G席二千円(またかよ...)以上の元は取れましたよ。
  三千円以上出すコンサートでは無かったが。
しくしく(隊長作)
よって、今日の観客は不幸であった。
  
  エルガーだと大名演で、ブラームスだと平均点。
  こうなるんだったら、エルガーの1・2番をやってくれりゃぁ良かったやん。
  3番(ペイン補筆版)だったら、死ぬほど嬉しいけど。
  
  ●最後に楽団
  読響は実に良くやっているオケだ。
  現代音楽もあるし、ロジェヴェンやヴァンスカ、ホーネックと指揮者招聘
  能力はN響と互角だろう。いや、伸び盛り指揮者の発掘では、N響以上だ。
    
怒り(隊長作) しかし、テイトにブラ3やらせんなよ。
テイトなんだから、ガンガン英国音楽をやらせるべきだ。
彼も商業ベースで名曲をやっておきたいのかもしれない。
  
  広い心で彼のブラームスを甘受すべきだろうが、あのエルガーを味わってしまったら、
  ブラームスどころでは無くなるってのが人情だ。
  こういう不満が読響ファンの間で醸し出されたら、それは楽団にとっても不幸だ。
  
  ところで、秋のロジェヴェンは大変楽しみなのだが、なんでロジェヴェンがフランス音楽なんだ?
  これは、小澤がウィーンの練習台として、よく日本でリハまがいのプログラムをやってるパターンなのかな。
  いずれにしても、ロジェヴェンだったらショスタコかプロコ辺りを混ぜて欲しい。
  今だに聴かされるロジェヴェンの「タコ4伝説」。
  私は聴き逃しただけに、是非もう一度再演して欲しいのです。休日に。
  おねがい!
  
  次回は4月10日(土)のスクロヴァチェフスキー指揮&N響を予定しております。
  プログラムは「エロイカ」に「Pコン4番」というオール・ベートーヴェン。
  突撃隊のベートーヴェン感想は如何に?
  ミスターSに返り撃ちされる事を望んで、斬り込んでみます。

   前へ  HOMEへ  次へ









inserted by FC2 system