雷(隊長作)

7月10日(土)  18:00   - 34 -   訪問者数

    ヴァンスカ指揮  読売日響
    東京芸術劇場
  
    ラウタヴァーラ  カントゥス・アークティクス
    モーツァルト   ピアノ協奏曲第21番
    ニールセン    交響曲第4番「不滅」
  
  nsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsnsn   きんぎょ(隊長作)

みなさーん、ひさびさですね、毎日暑くってイヤになっちゃうよね。
  あっしは連日怒涛のような日々を過ごしてまして、週2〜3回という弊誌
  発行がまったく出来ておりません。
  どうも、ごめんなさい。
  
  ここんとこ仕事が忙しくて、心が荒(すさ)んでまして、
  芸術どころじゃない荒涼たる不毛の毎日。
  そんな時こそ心にオアシスを、なんて耳にしますが、ありゃ間違いです。
  
  イライラしてる時は、コンサートには行かん方がええわいなぁ。
  今夜以外にもコンサートは行ってたんですが、どうもピンとこない。
  今夜こそは、とハァハァしながら駆けつけましたが、これがいけなかった。
  
  私は昔から強欲でして、期待し過ぎるとそれが叶えられなかった時の怒りが大きい。
  こんなに愛しているのに、みたいな振られたら庖丁持って逆恨みする女性の心理に同感します。
  
  ヴァンスカは昨年のラハティ響とのクレルヴォ交響曲が(オタクの間で)
  大変話題になりまして、もう春先からチケットの準備をしてました。
  しかもその演目がニールセン!
  4番というのが、チト王道過ぎて不満でしたが、こんな贅沢は言ってられない。
  ニールセンってだけでも、ありがたいもんね。
  芸劇
さて、前プロはラウタヴァーラです。

みなさん、知ってますか?

私は数ヶ月前にPコンとか交響曲第7番とかの
CDを買って聴いてました。
  
  しかしあれですね、合わない。
  体質的にと言うか、こういった夢色虹変化みたいな作風はどうも。
  大音響と歯切れのいいジョークでズバズバっとぶった切った音楽や、
  暗くても深遠で精神性の深い音楽が好き。
  
  今日の「カントゥス・アークティクス」は、鳥(録音テープ)とオケのた
  めの協奏曲という副題が齎すように、録音テープが大活躍。
  ですけど、こういうのって邪道だし、鳥という自然に感動しろよっ
  て強制されているようで、私の心は猛反発。
  死んでも感動してやらん、ってな意固地な気持ちのまま曲は感動的に終わりました。
  こういうベタな音楽に共感しているってだけで、ヴァンスカのポイントは大幅ダウンです。   さくら(隊長作)

お次はモーツァルト。
  私だって花の高校生だった頃があったと思うんですが、あのころはよく聴いてましたサ、
  アマデウス。
  
  しかしこれまたベタな21番の第2楽章が始まり、なんでこんなリチャード・クレイダーマン
  みたいな音楽が好きだったんだろう?と恋に醒めた気分でした。
  一歩譲って音楽に非が無いとすれば、演奏者全体の責任ですね。
  観客は拍手してましたが、まったくもって理解できません。
  
  この時点でかなり不機嫌になっていた私。
  仕事も早めに切り上げて来たっていうのに、なんでこんな演奏会を楽しみ
  にしてたんやろと、おにぎり喰いながら後半に備えます。
  
  今夜はかなり座席が埋まってましたが、それでも空席はチラホラあります。
  私はいつものようにG席だったんですが、この席の人間って不思議と後半
  になるとどっかに行っちゃってます。悪い事です。
  前半までは、私の後列にはオタク2人組が座ってて大人しかったんですが、
  後半は甚平着たヘンな奴が座ってます。   怒りマーク(隊長作)

こいつが今日の戦犯です。
  とにかく鼻で息を吸うときに「ピョー」という鼻音が出ます。
  気になって煩くってショウが無い。
  5回くらい後ろを振り返ってガン飛ばしましたが、どこ吹く風の甚平さん。
  みなさーん、甚平着た奴を見たら、要注意!
  
  そんな劣悪環境の中で聴いてたので、演奏そのものの感想は推して知るべし。
  明日の11日(日)演奏に隊長が聴いてきますので、良かったらまた書く事でしょう。
  読者諸家のお便りで、「コンサートに昔は行ってました」なんて書いてらっしゃいますが、
  みなさんが聴きに行かなくなった元凶の一つがこういった隣席とのトラブルでしょうね。
  折角楽しみにしていた演奏会、それが「手遊び星人」や「いびき爺」「ブラヴォー・マン」
  今夜みたいな「鼻笛」など挙げ出したらキリが無いほど、酷い聴衆がいます。
  こんな不愉快な日が重なったら、おうちでゆったり名演CD聴いてた方が無難です。
  私も今夜はつくづくイヤになっちゃいました。
  久々のプロ・オケ、しかも読響だっただけに、尚更でした〜。


   前へ  HOMEへ  次へ


  ●1年後に聴いた 『ヴァンスカ&読響のニールセン』 なコンサート感想●

   2005年9月30日 ヴァンスカ指揮  読売日響
   ニールセン 交響曲第5番 他
   http://rede200402.hp.infoseek.co.jp/dai5/dai95.html

   2005年10月8日 ヴァンスカ指揮  読売日響
   ニールセン 交響曲第3番 & 2番 他
   http://rede200402.hp.infoseek.co.jp/dai5/dai97.html













inserted by FC2 system