にわとり(隊長作)

8月27日(金)  19:00   - 42 -   訪問者数

    飯森範親指揮  東京都交響楽団  サントリーホール
  
    オネゲル     交響的運動第1番「パシフィック231」
    プロコフィエフ  組曲「鋼鉄の歩み」
    モロソフ     交響的エピソード「鉄工場」
    ストラヴィンスキー  「春の祭典」

  mczcmzmczmcmzmczmczcmzzcmczmzcmczmzcmcmzmczzmccmzcmzcmzmcmzcm

  プロコフィエフ・ファンとしましては、泪チョチョ切れの演目。
  「鋼鉄の歩み」がライブで聴けようとは、長生きはするもんです
  将来、月に2回ショスタコの「バビ・ヤール」が聴けれたり、
  ニールセンの交響曲全6曲連続演奏会が行われたりするかも...。
  世の中、どう転ぶかは分かりませんからね。
  サントリーホール前
さて、オネゲルの「231」は正直よー分からん我々。

肝心要(かんじんかなめ)は第2曲目(プロコ)と
第3曲目(鉄工場)にあります。

ところが、ですよ。
本日のメイン・ディッシュはどう見たって
「ハルサイ」。

  よもや、まさか、やっぱり、と云う感じでプロコフィエフは普通の演奏でした。
  
  突飛な演目だったので、もしかしたら飯森範親さん思い入れのある曲かも?
  と思ったのですが、そんな気迫は全然伝わってこなかった。
  こんな駄演は、プロコフィエフ様に失礼ですよ。
  あと、その熱烈ファン様に対しても。
  こういう演奏されて困るのは、我が愛するプロコフィエフの価値が貶められる事にある。
  「なぁんだ、プロコ・プロコと叫んでるメルマガがあるけど、
  聴いてみたらヤッパリつまんないじゃん」
  こんな声が聴こえてきそうな演奏でした。
  
  やっぱり「ハルサイ」に備えて「体力温存」していると思ったのは、
  第3曲目「鉄工場」を聴き終えた時でした。
  過去、アマオケの雄「ダスビダーニャ」の「鉄工場」を聴いた時、
  そりゃもう鼓膜も破れんばかりの大音響で、まさに「鉄火場」の灼熱工場でした。
  音量がどんどんヒートアップしてゆき、聴いている方はパニックになるほど動悸息切れでした。   がぁ(隊長作)

それが、これがプロフェッショナルによる演奏なのか?
と思うような貧弱な鉄工場。
  寂れて火も消え入りそう、「鉄工場」じゃ無くて「廃工場」。
  弦楽器は我武者羅さが無く、そのノホホンとした音量に辻褄を合わせるべく、
  打楽器が音量調節をするもんだから、全体の音量は全然燃え上がってこない。
  今か今かと待ちあぐねるうちに、曲は終わりました。
  
  そしてメインの「ハルサイ」。
  ムカつくくらい一生懸命・やる気満々。
  全軍一丸となって、爆演かまして下さいます。
  こういった舐めた事してるから、日本のオケは駄目なんだよ。
  
  この「ハルサイ」だけ聴いてたら、私もなかなか満足して帰ってたと思う。
  金管群の「ペース配分」も大切なことも知ってはいるけど、
  大いに楽しみにしていた曲の方を軽んじられたら、黙ってる訳にはゆきますめぇ。


   前へ  HOMEへ  次へ











inserted by FC2 system