(隊長作)

6月26日(日)  14:00   - 86 -   訪問者数

    角岳史指揮  立川管弦楽団  アミューたちかわ
  
    レハール     喜歌劇『メリーウィドウ』抜粋
    レハール     ワルツ『金と銀』
    ブルックナー   交響曲第6番
  
  vxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxvxv
  
  【 立川 】
  
  前回に引き続き、関東各都市歴訪シリーズ、今回は立川。
  またか、と思われるでしょうが、私、この街にも住んだ事あります。
  あちこち住み過ぎですね。
  でも、この街ほど変貌著しい街は無いですね。
  立川駅の北も南も目を見張るばかり。
  おまけにモノレールも走ってるんですもんね。   (隊長作)

変わっちゃったなぁ。
  
  立川の旨いもん屋といえば、北口の鰯料理店なんですけど、
  アミューたちかわへ真っ直ぐ向かったんで寄れなかった(忘れてたとも云う)。
  
  wzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzwzw
  
  レハールとブルックナー、非常にハイ・センスな組み合わせです。
  ブルックナーは1824〜1896年の19世紀ウィーン爛熟期に活躍した
  作曲家ですが、レハールの方が後の人で、1870〜1948年と
  WW1とWW2を経験して死んでいきます。
  それなのに、享楽的なオペレッタ作曲家として名を残しているのですから、
  不思議なもんです。
  
  うちの隊長はオペラが好きなんですが、私は交響的なオペラ(管弦楽が
  しっかりと活躍するもの)が好きで、レハールはほとんど未知です。
  レハールのCDもたぶん持っていません。
  
  「メリーウィドウ」とその中のワルツ「金と銀」を全9曲抜粋演奏して、
  なかなか大きな前プロでした。
  ブルックナーの付け合せ的なプログラムではありません。
  本格的なレハール演奏会で、団員の中にレハール好きがいらっしゃると見た。
  
  歌手も4人登場し、小芝居なんかあったりしてオペレッタ風味が出ていました。
  ただ、ヴァランシエンヌ役とカミーユ役の声量が乏しく、
  ハンナ役は美声だったのですが最高音が冴えなかったのが残念。
  ハンナ役はこの最高音さへ軽々と歌えるような人だったら、
  かなり有名なソプラノになれているであろうに、と思われる声の美しい人。
  澤村翔子(ソプラノ&メゾ)さんと言います。
  アミューたちかわ
今回の立川ホール(正式にはアミューたちかわ)は
音響も上々、
ブルックナーという事もあって
箱モノは最重要のひとつ。

本日最大の目玉、「ブル6」は
プロ・アマ共に滅多に演目に上がらない名曲です。
それだけにこういった難曲に挑戦するオケには、
応援したくてたまりません。

  昨年聴いた俊友会管「ブル6」の大名演と、
  ついつい比べてしまうのは酷な話なんでしょうね。
  
  上記の俊友会管でもキモになったのが第三楽章。
  ここがひとつの分岐点で、これを感心させられたらあとは感動の終楽章。
  
  ところが今回はこれが詰まらなかった。
  いな、やっぱりブル6の第三楽章は詰まらんなぁ、と感じてしまった。
  終楽章では気持ちも挽回できたが、ブルックナーと言えば、
  やっぱり第6番より第5番の方が名曲だね、なんて会話になってしまった。
  
  折角の希少なブル6を演奏して下すったんだから、もう少し気の効いた事を
  書いたほうがいいんでしょうが、それが出来ないのが我が偏屈なトコロ。
  

   前へ  HOMEへ  次へ









inserted by FC2 system