(隊長作)

3月19日(日)  14:00   - 114 -    訪問者数

    大友直人指揮   東京交響楽団    東京芸術劇場

    ブラームス        ピアノ協奏曲第2番
    ヴォーン・ウィリアムズ  交響曲第7番「南極交響曲」

  zizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizizi   (隊長作)

いいプログラムですねぇ。
  ブラームスの第2協奏曲で多くの観客を掴みつつ、メインはしっかり
  珍名曲。
  大友氏もヴォーン=ウィリアムズ(以下RVW)を数年に渡ってチクルス目指してきて、
  どうすればプログラムと採算が並立するかが見えてきたようです。
  
  しかもブラームスの独奏者は、小山実稚恵。
  あの大交響曲のようなオーケストラと対峙できるソリストは、そうそう
  いるもんじゃないけど、小山女史を持ってくるところも見事。
  
  私はご想像のとおり、協奏曲もソリストもかなり軽んじてるんですが、
  それだけにたまに珍しい演奏に出くわしたら、それだけ印象も大きい。
  私的には小山実稚恵は、かなりいいのではないか、と感じた。
  隊長も「女流だから、なよっちいのかと思ったけれど、女っぽくなかったね」と、
  全く失礼な感想を述べています。
  
  しかし、これはブラームスの第2ピアノ協奏曲弾きに対しては、ある意味
  最大限の賛辞ではないでしょうか。
  豪腕な快演で、ピアノを全身で叩く響きが楽曲にぴったりで、それでいて
  繊細なこまやかさもあわせ持っている。
  女性だから音量がどうのこうの、といった言い訳は一切不要で、この人の
  ピアノなら「皇帝」やプロコフィエフもなかなかのものが聴けるんじゃないだろうか。
  
  auauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauaua
  
  女声合唱や大小のウィンド・マシーン、パイプ・オルガン、ソプラノに
  ナレィションまで必要な「南極交響曲」は「難曲交響曲」と誤変換しても、
  苦笑してしまう大曲です。
  
もともとは映画音楽だったゆえ、交響組曲のようなツギハギ感が
否めない点は多々あるものの、敢えて「交響曲に再編しよう」と
RVWに思わせた数々のピースが詰まっています。

クラシック初心者の頃、サン=サーンスの交響曲第3番「オルガンつき」の
パイプ・オルガンに撃ち痺れ、「どうしてこんな素晴らしいパイプ・オルガンを、
多くの作曲家は活躍させないんだぁ!」と怒ったものです。


  今では、マーラーの第8交響曲や、「ツァラトゥストラはかく語りき」などもある事を
  知ってるんですが(誰でも知ってますよね...)、今回の「南極交響曲」では
  サン=サーンスに次ぐ効果的な使われ方をしてる事を、   (隊長作)

声を大にして叫びたい。
  
  第3楽章終盤、氷壁と氷壁がぶつかり合って岩盤が大きく隆起するシーン
  を思い起こすんですが、とにかく壮大な自然の偉大さを目の当たりに見るような音楽です。
  盛り上がりに盛り上がったところで、パイプ・オルガンが轟き亘るんですが、
  CDでは別録りしてるのか実演以上に轟きます。
  ハイティンク盤では、音が少々割れてしまいます。
  
  ただ、実演ではオーケストラ全体に溶け込んでいて、パイプ・オルガン
  ひとつが他を圧倒するようにまではいきませんでした。
  これはサン=サーンスでも似たようなもので、CDばかり聴いていると
  「あれ?パイプ・オルガンが小さいんじゃないか?」といった疑問に至ってしまう。
  
  こんなことだけ書いてたら、悲愴な南極交響曲が単なるオルガン交響曲の
  ようなイメージを植えつけてしまうかもしれませんが、私は皆さんにこの曲に
  興味を持ってもらいたく、あえて大袈裟にクローズアップして書いてるんです。

  基本的には調性音楽でメロディやリズムはしっかりしてますし、
  シリアスで悲愴的な曲です。
  そういう点では、ブラームスの第2協奏曲と組み合わせもよく合ってます。
  
  
   前へ  HOMEへ  次へ









inserted by FC2 system