と音(隊長作)

チューリッヒ湖のほとりのトーンハレ   - 23 -   訪問者数

  チューリッヒの石畳をトコトコ・ガラガラ。
  坂の上にあるホテルに着いた時には、息は完全に上がり、
  風は涼しいのにうっすら汗すらかいてる始末。
  
  そんなに苦労して辿り着いたのに、ホテルは半分改装中。
  ガーガーなんかスゴイ音をたてている。
  しかもお向かいには、アダルトなお店が・・・!
  
  「大丈夫なんか?、ココ・・・」
  と思いましたが、すぐ近くには教会があったりして、安全?っぽい。
  ホテルの前を歩いている人達も安全っポイ。
  ホテルも改装されたばっかりの部屋だったし、
  朝食を食べる所もすでに改装済みで超キレイ。   かに(隊長作)

ある意味、ラッキー?
  都市移動で半日ほど使ってしまっているので、もう夕方です。
  なにはともあれ、今夜の予約してあるザンデルリンクの
  チケットを貰いに行かねばッ。
  この為に、チューリッヒに来たのですから!
  
  早速、ガイドブック片手に「トーンハレ」に向かう。
  
  トーンハレ

  トーンハレは、チューリッヒ湖のほとりにあった。
  すごくステキな所です。
  さっきは、あんなに天気が良かったのに、夕立のような雨がサーッと降り、
  夕方の湖とその向こう側の山に、モウモウと霧が立ち込めていました。
  「にゃんて、キレイなんじゃ〜、じゅるる。」
  ヨダレを垂らしてしまいそうな美しさデス。
  
  時間早いけど、チケット引き換えできるんだろうか?と思いつつ、
  トーンハレのドアを開けて入ってみた。

  tonhalletonhalletonhalletonhalletonhalletonhalletonhalletonhalletonhalletonhalle

  窓口には、若くてカワイイおねいさんが座っていました。
  
  ここで隊長、予約の際にやり取りしたメールのコピーを
  持ってくるのを忘れた事に気づく。
  ぎゃーーーん、言葉で伝えなければならない、予約した事を!
  
  ちなみに隊員は世界主要国の言語のほとんどを自由に操りますが、
  たまたまこの日はのどの調子が悪いんダナ。(by 隊員)
  
  思いつく単語を並べてみた。しかし、おねいさんは理解してくれない。
  「おー、イエーース、トュナイト、おっけー、オッケ〜♪」と
  嬉しそうにパソコンをたたこうとする。
  
  「待って、待って、待っッてーーーーッ!!ノーッ、ノーうっ!」(超必死)
  わしらは予約してるんだよ、どう見ても新規で打ち込もうとしてる(汗)
  
  過去ウィーンで犯してしまった二重購入になってしまう。(←やり取りの
  行き違いで2重購入してしまった過去を持つ我が隊。)
  
  すると、おねいさんは、こうのたまった。
  「英語以外の言語はしゃべれないの?
  例えば〜、ドイツ語とか〜、フランス語とか〜、イタリア語とか?」   ハンマー(隊長作)

どがーーーーーん。
  マーラー交響曲第六番「悲劇的」って感じですヨ。
  ハンマーで打たれちゃったショックですヨ。
  
  「アルファベット=英語」という日本で生まれ育ってきてしまった
  隊長には、考えられない。
  その英語すら、おぼつかない無理無謀な海外旅行者ふたり・・・。
  (注:隊員は喉の調子が悪いだけです)
  するってぇと、おねいさんは少なくとも4つは、理解できるワケかい?
  そういうヒトがいる話は、よく聞くケド、いるのね本当に・・・。
  
  さすが四つの公用語を持つスイス連邦。
  ドイツ語、フランス語、イタリア語はまだしも、ロマンシュ語って何?
  
  あうあうあう。
  隊長、言葉を失う。

  auauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauauau

  言葉が分からずとも、二重購入だけは避けにゃ!と必死にネバる隊長と隊員。
  ねばっている最中に次のお客さん(おばちゃん二人組)がやってきてしまい、
  さらにアセる。
  時間がエライかかっているから悪いので、「お先にどうぞ」というジェスチャーをしたのだが、
  「いいわよ〜どうぞ」と、逆にジェスチャーを笑顔で返されてしまいました。   スイス国旗(隊長作)

スイスの人、ええ人や〜。
  あーだこーだ言っていると、ピンときた様子で、小さな木の箱を取り出す、
  おねいさん。
  
  そこにチケットとクレジットカードの控えが、並べられていた。
  「やったー、通じたぁ♪」
  
  「これ?」とおねいさんが差し出す。
  1枚のチケットと、日本人の名前が記入されていた。
  
  へ?1枚??
  
  よく見ると、私達の名前ではない。
  「おぉ、わが同志よ!旅行者だか現地に住んでるヒトだか不明だが、
  キミもザンデルリンクが聴きたいんだね!」と、ちと感動に浸ってしまった。
  
  「ノーノー、2枚です、トゥーですよ。」
  「あぁ」 おねいさん、残念そう。
  
  結局はその木箱にありました。
  クレジットカードで確認し、無事2枚ゲット!
  あー、ホントに良かった。
  
  あれ?冷静に考えるに、予約してなくても買えたワケ?
  
  チケットを失くさないように、かばんのチャックがついたポケットに入れとこーと思い、
  開けてみると、そこに予約の際のメールのコピーが入っていた。
  あっ?持ってきてたジャン・・・あははは...。
  
  結構、英語で奮闘していた隊員には、このことは言えなかった。
  そっと、無言でチャックを閉める隊長なのでした。

  (次ページへつづく)

   前へ  HOMEへ  次へ









inserted by FC2 system